スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現実と夢との差。

東京タワー。


アメリカ行きを決めた時、
人生に疲れて、この先、日本で何をやっていいかもわからなくて。
アメリカに行ったら何か始まるんじゃないかと思ったし、
何か大きなことができるんじゃないかと思っていた。

だけど、現実はそんなに甘くない。

夢見たホームスティ先は、
マンハッタンから遠く、学校までは電車で1時間。
スパニッシュのレズカップルのお家で、
彼らとワタシのとの文化の違いはとても大きく、
家に行くにはゴミの山のトンネルを通らなくてはならず、
ワタシの部屋は暖房の音がうるさくて寝られなかったし、
何度も水漏れをおこした。

「なんで、アメリカなんかきちゃったんだろう」と正直思った。
日本にいた方が何倍もよかったんじゃないかと思った。

何もかもが違って、言葉も通じなくて。
そんな夢打ち砕かれて始まったアメリカ生活。

でも、今は言える、
本当に日本を飛び出してよかったと。

そして、アメリカに着て、そう思った日々のことを
ワタシは忘れないようにしようと思う。
孤独感と絶望感と、何もかもが違うところに、
ぽつんとひとりでいた時のこと。

それを思い出したら、なんでもできる気がするから。

続きはまた今度。

到着した日。

スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する/if you want know only shino,please chack it.
 

おす

がんばってるな。日本でも大活躍だ。
おれも少しずつ立ち上がっていこうと
思ってるよ。しのこのNYブログ楽しみにしてるv-221

カズ | URL | 2007年08月20日(Mon)11:25 [EDIT]


ありがとう。

カズ。久しぶり。ワタシはNYが懐かしいよ~。
でも、こっちでもがんばれることがあると思うから、やれるだけのことはやっていこうと思うんだ。がんばってるよ、ワタシ。
10月に会ったら、がっつり飲もうね。

しのこ。 | URL | 2007年08月20日(Mon)22:57 [EDIT]


 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。