スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワタシのニューヨークの家。

ようやく、ニューヨークでの生活に慣れ、
ようやく、新しい自分の家も見つかった頃。

ワタシは誕生日を迎えました。

そして、そのシェアハウスで、ワタシは誕生日を祝ってもらいました。

家


とても恵まれた環境だったと思います。

部屋



ワタシのルームメイトは2人。
2人とも日本人でした。

1人は、40代の寿司職人。
自分で料理を作る事が好きな人で、ワタシ達ルームメイトに
よくごはんをくれました。

もう1人は、ワタシの一つ下の女の子の学生。
彼女はワタシとは違う価値観を持っていて、
彼女の生き方にとても圧倒されたのを憶えてます。
とにかく、いろんな人脈をつくることがうまい子で。
すこし憧れていました。

ルームメイト



そんな2人は、ワタシの誕生日にワインをくれたのです。
朝起きたら、テーブルの上にワインが。
その心遣いがうれしくて、たまりません。

そして、夜は3人でそのワインを飲みながらリビングでまったり。

迷惑をかけることが多かったけれど、
彼らとのシェアは、ワタシにとって、とてもいい経験でした。

誕生日


このシェアルームを訪れた友達、みんなが言ったことがあります。
それは、初めてなのに、とても落ち着く部屋だと。

ここは、前の前のそのまた前の、ずっと前に
1人の日本人アーティストが住んでいました。
彼はそんなに若くなく、どうやら油絵を描く人だったようです。

彼が突然、日本に帰らなくてはいけなくなったそうです。
理由は彼のカラダにありました。
彼はガンだったそうです。

そこで、彼が描いた油絵を家に残し、
大家のキムさんに「必ず取りに来るから残しておいてほしい」とつげて
日本に帰国したそうです。

その約束を大家のキムさんは今もまだ信じて待っています。
そして、彼の絵は、そのまま家の開かずの間になっている部屋に、
いれてあるのです。

怖いと思った事はないですが、
家を訪れた友達の1人が言いました。
それは、「なんだか寂しい感じがする」と。

きっと、彼の絵も、彼が使っていた家具達も、
彼の帰りを待っているからなのでしょうか?

鏡



今でも思います。
もし、ニューヨークに帰ったらならば、そこに住みたいと。
そして、またその家の窓から見える夕焼けが観たいなと。

その窓から見える風景が、ワタシは好きでした。
時間が止まったように感じる午後の日の光の中、
ソファーで居眠りする幸せな時間がその家にはあるのです。

夕日


とてもいい家で、いいルームメイト達でした。
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する/if you want know only shino,please chack it.
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。